【浴室・洗面所】のインテリア風水ベストプラン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

浴室は水の気を持ち、健康運や愛情運、金運に影響を与える場所です。洗面所は水と火の気を持ち、ビューティ運や金運を司る場所です。風水インテリアの観点から、それぞれの場所にオススメのインテリアをご紹介します。

健康運や愛情運、金運を左右する浴室環境にオススメのインテリアとは?

浴室は運の代謝を良くする重要な空間です。夜にお風呂に浸からないと、人は1日の活動でたまった悪い気を排出できません。どんなに忙しくても、週に2~3回は湯船につかるようにしましょう。浴室のインテリアは水の気に合うパステルトーンを基本に、陶器やガラス製のモノを取り入れてください。換気をよくすることも重要なポイントです。

換気扇…ジメジメ状態は開運にも大ダメージ

ジメジメしたお風呂はカビが生えやすくなるだけでなく、健康運や恋愛運にも大きなダメージを与えます。お風呂から出たあとは、かならず換気扇を回すようにしましょう。特にユニットバスの場合は、湿気の悪影響が出やすいので注意。

ソープディッシュ…プラスチック製品はNG

水まわりに火の気を持つプラスティック製品はできるだけ使わないようにしましょう。プラスチック製のスケルトン素材はもっともNGです。ソープディッシュも陶器製がオススメ。シェル柄や海をイメージさせる柄なら愛情運や金運アップが期待できます。

シャンプー・リンスボトル…見た目も美しい陶器製かガラス製がオススメ

火の気を持っているプラスチック製品は避けましょう。見た目も美しい陶器製やガラス製がオススメです。

バスマット…黒やグレー、原色使いは避ける

お風呂の水気を外に持ち出さないように、バスマットは必須です。気のバランスを崩す黒やグレーといった色や派手な原色使いを避け、パステルトーンの明るい色を選びましょう。

ビューティ運を左右する洗面所環境にオススメのインテリアとは?

洗濯物や雑貨でゴチャゴチャにしていると、その雑然としたムードが空間の気を汚し、運気ま下げてしまいます。洗面所は汚れモノをためずに、そして見せないようにするかがポイントです。空間は明るいほど良いので、照明にこだわるのも◎です。

鏡に映るもの…部屋(家)の主の美人度に影響

洗面所の鏡に映るものは、その家(部屋)に住む女性の美人度です。ビューティ運を上げるには、洗面所の鏡をピカピカに磨き、余計のモノが映り込まないように気をつけることが重要です。

バスタオル…ホワホワの質感のモノを揃えましょう

水の気をあらわす肌に触れるものですから、ホワホワの質感で色は白、ピンク、クリーム色といったパステル系で統一させるのがオススメです。男性はチェックやロゴ入りのもの、女性はフラワーモチーフが◎。古いタオルは肌質を低下させるのでNGです。

タオルの収納…押し込んでの収納は×

水場で使うタオルは女性の気をあらわします。女性がそれを押し込んで収納するということは、自分の運を圧迫するということです。全体的に運が低下するので、余裕を持たせて片づけましょう。タオル類は気をためるものではないので、風通しの良いラックなどを使用しましょう。

花…風水を逆手にとって…?

洗面所の鏡に映るものは、そのままその家(部屋)に住む女性の美人度に影響を与えます。その法則を逆手にとり、花を置くことがオススメです。

フタ付きのカゴ…

洗濯物といった汚れものをそのまま放置していると、淀んだ空気が洗面所の気を汚してしまいます。汚れものはフタ付きのラタンバスケットなどに入れましょう。カゴがなければ、布製の袋でもOKです。悪い気を倍増させるプラスチックカゴはNGです。

浴室・洗面所での風水的NGインテリア

浴室に原色を使用

浴室は水の気を持つ場所です。そこに赤やイエロー、紫、青といった派手な原色を使うと、気のバランスが大きく崩れます。陰の気が強い黒や水色も避けましょう。方位に合わせた色使いが基本ですが、明るく淡いパステルカラーが無難です。

湯船の残り湯

湯船の残り湯には人の体から出た悪い気がたくさんたまっています。それを残しておけば、悪い気が浴室内や部屋の中にも漂ってしまいます。取っておく場合は、必ずフタをして、炭やトルマリンを入れて水を清浄にしましょう。

洗面所でのメイク

美しさは火の気に属します。洗面所でのメイクは火を消す…つまり、美しさを消してしまう行為です。ブラシやメイク道具、化粧品が鏡に映っているなら、なおさらNGです。ただし、肌のお手入れはOKです。

まとめ

浴室と洗面所は第一に換気に注意しましょう。健康運や愛情運、さらに金運にも影響を与える場所ですので、キレイに使用することが重要です。

インテリアは派手な色使いを避け、花やカゴ付きのゴミ箱がオススメのグッズです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*