荷造りテクニック2│段ボールの入手から荷造りまで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

引越しの必須アイテム・段ボールに関する基礎知識やトリビアのほか、その入手方法や上手な詰め込み方、平均的な段ボール使用量などをご紹介します。荷物を運んでいる途中に段ボールの底が抜けないガムテープの貼り方もお教えします!

業者さんからもらえる段ボールはおおむね2種類

引越しを業者さんにお願いする場合、ほとんどの業者さんは段ボールを無料で提供してくれます(段ボール代も引っ越し費用に含まれていると言えなくもありませんが)。

枚数には上限が設けられていますので、まずは業者さんに相談してみましょう。

業者さんから提供される段ボールは、ほとんどが大と小の2種類です。ただし、サイズは会社によって異なっています。

段ボールのサイズには

  • 100サイズ…短辺32cm×長辺35cm×高さ33cm
  • 110サイズ…短辺35cm×長辺35cm×高さ35cm
  • 120サイズ…短辺35cm×長辺50cm×高さ35cm
  • 130サイズ…短辺35cm×長辺60cm×高さ31cm
  • 140サイズ…短辺38cm×長辺59cm×高さ37cm

などがあり、このうちの2種類が採用されていることが多いようです。

段ボールは何枚もらえる? 上限は?

引越し業者さんや、依頼するプランなどによって異なりますが、単身向けのプランなら20枚、家族プランなら50枚が一般的なようです。

段ボール使用量は単身者で10~15個

では、引越し業者さんに段ボールを何枚依頼すればいいでしょうか?

ある調査によると、単身者とファミリーが使用した段ボールの枚数に関するアンケート結果は以下の通りです。単身者は10枚、ファミリーバ30枚という答えが一番多くなっています。これを参考に業者さんに依頼する枚数を算定してみてください。

単身者が使用した段ボール枚数

  • ~10枚…72.3%
  • ~15枚…14.0%
  • ~20枚…7.9%
  • ~30枚…4.4%
  • ~40枚…0.8%
  • ~50枚…0.4%
  • 51枚以上…0.2%

ファミリー(2人以上)が使用した段ボール枚数

  • ~10枚…9.3%
  • ~15枚…4.7%
  • ~20枚…10.4%
  • ~30枚…41.5%
  • ~40枚…7.2%
  • ~50枚…7.4%
  • 51枚以上…19.5%

出典:https://hikkoshi.suumo.jp/oyakudachi/smarttech/05.html

自力で段ボールを入手する方法

自力で引越しを行う場合などは、業者さんから段ボールを提供してもらえません。そのため、自分で入手する必要があります。方法としては

  • スーパーやコンビニ、電気店などでもらう
  • 購入する

が挙げられます。購入する場合の価格は荷造りテクニック1│荷造りの基本で紹介しましたので、近所のお店などでもらう場合の注意点をご紹介します。

スーパーなどで段ボールを入手する際の注意点

段ボールがもらえるお店は

  • スーパーマーケット
  • コンビニ
  • 電気店(家電量販店)
  • カーショップ

などがあります。電気店(家電量販店)やカーショップは穴場と言えるかもしれません。もし近くにこうしたお店があるなら、店員さんに聞いてみることをおすすめします。その際は、事前に

  • 何枚(何箱)欲しいか
  • どんなサイズが欲しい

を明確にしておくことをオススメします。

もちろん、すべての店舗が協力的とはいえません。また、引っ越しシーズン(3~5月)はライバルも多いため、欲しい枚数が手に入らないこともあります。早めに手を打っておくことが肝要です。

引越し用に適している段ボールとは?

引越し用に適した段ボールは以下のような段ボールです。

  • 飲料…作りがしっかりとしています。
  • スナック菓子…大きめのサイズが入手できます。
  • 紙オムツ…サイズが大きいので軽くてかさばるモノ用に使えます。
  • ホイール…カーショップで販売しているホイールが入っていた段ボールは丈夫でキレイなものが多く、同じものを一気に入手できる可能性があります。

一方、以下のような商品が入っていた段ボールは避けた方がよさそうです。

  • 野菜や果物…濡れていたり虫がついていることがあります。
  • ティッシュ箱など軽い商品…薄い作りなので破れやすい。

段ボールの強度を保つ組み立て方

段ボールを組み立てる時、底の面は短い方から折り込み、ガムテープを貼ります。側面には3センチ以上出すようにします。

ツイッターでは次のような呟きが話題になっていました。

テープの貼り方、選び方も参考になると思います。

段ボールへの荷造り・梱包テクニック

荷造りテクニック1│荷造りの基本でも一部はご紹介しましたが、段ボールに荷物を詰める時の4つのテクニックをご紹介します。

小さな段ボールには重い荷物

本や雑誌、書籍などは、必ず小さいサイズの段ボールに入れましょう。大きなサイズの段ボールに詰め込んで一気に運ぼうなどとは考えは失敗の元です!

段ボールの側面に中身と新居で運び込む部屋名を書く

開包作業がスムーズに行うために必ずやっておきたいのが、段ボールの側面に箱の中身と新居での置き場所を書いておくことです。例えば【キッチン道具・台所】といった具合です。

引っ越し業者さんもこの表記を見て運び入れを行えますので、搬入時間の短縮にもつながり、運び入れ間違いも回避できます。

色付きのガムテープで段ボールを区分

荷造りの段階で、段ボールを閉める時に使うガムテープの色を複数用意しておき、荷物を区分すると便利です。

例えば

  • 割れモノが入っている…赤
  • 引越し後すぐに使うもの…青

という具合です。

また、割れ物が入っている段ボールには目立つ色で「割れモノ注意」と記載することもお忘れなく。

引き出し単位で荷造り

例えば、

  • 洋服ダンスの△段目
  • 食器棚の〇段目

という風に、引き出し単位で段ボールを作ると、開梱がスムーズです。

また、本棚の本を並び順のまま段ボールに入れておけば、新居でそのまま戻せるので、大変便利です。

まとめ

段ボールの入手方法は、業者さんに依頼するか自力で入手するかに分かれますが、いずれにしてもどれくらい必要かを把握しておく必要があります。

そこで役に立つのが、荷造りテクニック1│荷造りの基本でご紹介した荷物リストです。荷物リストは段ボールに入れない大きな荷物をメインに記載しますが、「リストに記載されていないものは段ボールに入れる」ということになります。リストを元に、ザックリでいいので必要な段ボールの数を算出しておきましょう。

段ボールの入手や詰め込み(梱包)は面倒な作業です。
「重いものは小さい段ボール」「重いものは下に詰める」の鉄則を守りつつ、開梱時にできるだけ楽ができるように、側面への記載は忘れずに実施しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*